SEO対策として今すぐすべきこと④記事の書き方でSEO対策 伊勢市のホームページ制作会社「松島ITコンサルティング」

代表の松島です。月間50万PVのウェブサイトを管理運営する当社では、ITコンサルタントが作る集客できるホームページをモットーに、SEOに強いホームページを作成します。今回は記事の書き方についてです。

記事本文でもSEO対策を

記事を書く際にもSEO対策を意識しなければなりません。SEO対策を意識した上で文章を書くのと、書かないのでは大きな差が生まれます。過度に意識しすぎて、不自然な文章になるのは避けれなければいけませんが、ここではグーグルが好む記事の書き方をご説明します。

文字数は800文字以上にする

記事全体の文字数は800文字以上にします。こちらは必ず守ってください。少なすぎると、ユーザーの滞在時間が短くなり、グーグルから低評価を受けます。特に、短い文章ばかりの記事が多いと、SEO対策のためだけに記事数を増やしているとみなされて、低評価を受けるので気を付けて下さい。5000文字以上になった場合は、ページ遷移をさせた方が良いです。

リード文は100文字以上にする

記事の初めのパートをリード文と言います。リード文は100文字以上にして、記事の要約を記述します。この記事では、どのようなことを書いていくのかを端的に上手に書いて、ユーザーがそれより下の文章を読みたくなるように書いて下さい。リード文の中にもキーワードを上手に埋め込みます。

文章に見出し(タイトル)を付ける

文章に見出し(タイトル)を付けます。その見出し(タイトル)にもキーワードを含むようにします。

著作権に気を付けて、正しく引用する

著作権には十分に気を付けて、既存の画像や文章を使用する場合には、きちんと引用するようにしてください。引用方法は色んなホームページに載っているので、ご自身で調べて下さい。著作権違反やコピーを繰り返すと、グーグルの検索結果に表示されなくなります。つまり圏外に飛ばされます。そうなると、復旧はとても大変なので、著作権違反には十分に気を付けて下さい。

ユーザーに役立つ情報を

以上のことを守って、記事を書き続けて下さい。ユーザーに役立つ情報を丁寧に書けば最後まで読んでもらえます。ユーザーが最後まで文章を読めて、それだけ時間を費やするので、SEOに評価が上昇します。



























Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena