SEO対策セミナー講師を務めさせて頂きました ⑮記事の書き方2 三重県伊勢市のネット集客で新規顧客を開拓するホームページ制作会社

三重県伊勢市にオフィスを構えるインターネットでの集客に特化したホームページを作成するホームページ制作会社の松島ITコンサルティングです。インターネットビジネスで実際に稼げる集客できる能力を培った知識と経験をもとに、お客様のホームページを集客の為のツール化します。

セミナーに使用したプレゼン資料をダウンロードする場合は、下の画像をクリックしてください。
キャプチャ

見出しを付ける

文章の書き方は、人それぞれのスタイルがありますが、SEO対策を考えた場合は、見出しを付けることをお勧めします。そして、見出しには記事のタイトルと同じ様に、検索キーワードを入れます。見出しは他の本文と比べて、検索にひっかかりやすい為です。この見出しもタイトルと同じく、単なる単語の羅列ではなく、見出し以下の文章とつじつまが合うようにして、自然な文にするように心がけて下さい。

内部リンクを貼る

内部リンクを使用します。内部リンクとは、自分のホームページ内の他のページへのリンクのことです。内部リンクを貼りそれを読んでもらうことができれば、ページビュー数が稼げます。ページビュー数は、SEOの評価としてとても重要項目です。また一つのページで説明すると長くなってしまう場合でも、別ページを作ることにより、文章を簡潔に出来ます。例えば「Aの詳細と具体例をより詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください」と言ったような、一言を添えて内部リンクを貼ります。そうすることで、ユーザーにとって、より親切丁寧な作りになりますし、ユーザビリティを意識したホームページができます。

外部リンクを貼る場合は、別ウィンドウで開くようにする

他のホームページの記事を読ませたい場合は、外部リンクを貼ります。外部リンクとは、自分のホームページではなく、他の人のホームページへのリンクのことです。内部リンクとは違って気を付けなくていけないことが、外部リンクを貼る場合は、別ウィンドウで開くようにすることです。別ウィンドウで開くようにしないと、他のホームページを見たユーザーが、自分のホームページへと戻ってくる方法が、ブラウザの戻るボタンを使用するほかなく、自分のホームページへ戻ってくる確率がかなり下がってしまいます。




















Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena