SEO対策セミナー講師を務めさせて頂きました ⑭記事の書き方1 三重県伊勢市の売上アップコンサルタントが作るホームページ制作会社

インターネットで新規顧客を獲得するお手伝いをしているホームページ制作会社の松島ITコンサルティングです。ホームページは、適切なSEO対策を行うと、一日24時間365日、半永久的にお客様を集め続けてくれる強力な営業ツールになります。ホームページを、その自動集客マシンにする為に、是非とも松島ITコンサルティングのホームページ制作サービスをご利用頂ければと思います。

セミナーに使用したプレゼン資料をダウンロードする場合は、下の画像をクリックしてください。
記事の書き方1

記事の文字数は800文字以上必須、1000文字以上推奨

いくら内容の濃い、ユーザーにとって有益な情報を与えていると思っていても、そのユーザーが早くそのページから離脱してしまっては、ホームページの価値を下げることになります。ユーザーに長く滞在してもらう為には、ある程度の文字数が必要になります。少なくても一つの記事に800文字以上は必要です。推奨は1000文字以上です。800文字以上かくと、ユーザーが読むのに2分くらいはかかることになります。一記事に2分滞在してもらえれば十分です。もちろん、その為には、記事を最後まで読んでもらう必要がある為、冒頭には最後まで記事を読んでもらえるように、魅力ある文章を書かなければなりません。

タイトルはキーワードを含み、できるかぎり自然な文章にする

タイトルにキーワードを含むことはとても重要な要素です。SEO対策では最も重要と言っても過言ではありません。ですが、不自然にキーワードだけを並べて、明らかにSEO対策だけをしているようなタイトルは避けるべきです。検索エンジンに嫌われます。あくまでも、キーワードを上手に使って、自然な文章になるようにしてください。

100文字から200文字のリード文で記事の概要を説明する

記事の最初の段落をリード文と呼びます。そのリード文は100文字から200文字くらいで構成して、その記事ではこれから何を説明するのかを書きます。リード文では、簡単に記事の概要を説明して、ユーザーにその記事を読み進めたいと思うような記述にします。その記事が最後まで読まれて、ユーザーの滞在時間の2分を稼いでくれるかは、このリード文で決まります。




















Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena